staf blog(2021)

謹賀新年           2021.1.3

新年、明けましておめでとうございます。

コロナ禍で、自粛ムードの世の中ではありますが。。。

事情がどうであれ、容赦なく時間は過ぎ季節は移ろい、2020年から2021年へと年を越し、平和に新年を迎えました。

穏やかにお正月を迎えたラ・ファミーユの「三が日」の食事は、お祝い仕様でした。

ひとつ、元日に出された昼食をご紹介。

お雑煮、おせち料理、高野煮

お雑煮の餅は、さすがにお団子仕立てで喉に詰まり難いようにしています。

おせちには、数の子・黒豆・有頭海老・鶏肉八幡巻き・寿卵焼き・小桜かまぼこ・干支かまぼこ。

縁起の良い焼き印入りの高野煮。

    サーモンちらし寿司

   写真はカットされていますが、

   デザート(フルーツ)もあります。

縁起物の食材・食品はもちろんのこと、普段使っている食材も祝用の形状や焼き印を施し、いつもと違う見た目、匂い、味、舌触りや歯ごたえ、そして海老の殻を剥く感触や音、噛み砕く音などなど、五感を十分に使って楽しめたのではないでしょうか。

私も元日に同じ献立を食したのですが、視覚から入る影響は大きく、調味料の役目も果たしているな・・・等々と思いながら頂きました。 

「三が日」の食事の献立は、普段より少し贅沢で盛り付けも工夫されていました。

また、普段は用いないランチョンマット(ペーパーナプキン)の模様(プリント柄)も、日替わりで楽しませてくれました。

元日は「市松模様」

碁盤目状の格子を上下左右に配置し、途切れず続く終わりのない広がりを感じさせる模様で、繁栄や永遠、発展拡大を意味する縁起の良い模様とされている。

二日は「麻の葉模様」

正六角形(麻の葉のモチーフ)を規則的に繰り返し配置した幾何学模様で、麻は丈夫で成長が早く、真っ直ぐ伸びる事にあやかり、子どもの健やかな成長を願い、また三角形が集まってできた六角形は、魔除けの力があると考えられていた模様のようです。

三日は「青海波模様」

同心の半円(無限に広がる波をモチーフ)を連続して重ねた幾何学模様で、広い海がもたらす恩恵と、どこまでも続く穏やかな波が未来永劫へと続き、また幸せや平安な暮らしへの願いが込められた縁起の良い模様とされている。

これら模様の歴史は古く、元日に使われた「市松模様」は古墳時代にさかのぼるとか・・・

東京オリンピックのエンブレムにも採用されており、”繁栄”などの意味合いだけではなく”多様性”の表現をしたいという思いも込められているそうです。 

たかが「模様」ではありますが、”願い”や”祈り”が込められています。

ステイホーム時代の今、他にも沢山の和柄がありますので、歴史や意味を調べて楽しんでみるのも良いのではないでしょうか?

話が脱線してしまいましたが、お正月に相応しい「楽しく・華やかな」献立と演出で、食事提供をして下さった厨房の皆さんに感謝申し上げます。

さてさて!おやおや~、こちらは初詣でしょうか?

グループホームでは、施設の一角に鳥居のイラストを貼りつけ、疑似神社を設けて初詣を楽しんでいますよ。

皆さん、真剣にお参りしています。何をお祈りしているのでしょう?

合掌して「頭の中を空っぽにする」「気持ちを集中させる」そうする事で、穏やかな気持ちになれるかもしれません。今でいうところの、”マインドフルネス” ですかね?


そして翌日、二日は書初めを楽しんでいました。



お正月やけんねぇ、

「正月」と書かんといかんな。

気迫と意気込みが感じられますよ。



私は立たんと、よう書かんがね。。。

 足腰!まだまだ大丈夫そうですね。


「うし年」やね・・・

あれ・・牛?かいね?

ん?左に寄り過ぎたかいね?

いやいや、綺麗に書けていすよ!       

コロナウイルスを余所目に、ラ・ファミーユご入居の皆様方は平穏無事にお正月を過ごされました。

しかし、外部との接触が激減しているのも確かです。良い変化と刺激のある生活を提供できるよう創意工夫に努め、安心安全な日々を送って頂きたいと思っております。

本年もよろしくお願いいたします。

干支の置物         2021.1.21

2021年・丑年がスタートし、デイサービスでは早速、制作活動の第一弾として干支の置物作り(ご希望の方のみ)を楽しんでいました。

先ず、土台になる牛の形を紙粘土で作り、乾燥させます。

次に、土台の牛さん全体をゴージャスに”金色”で塗りつぶし、更に乾燥させます。

そして、綿棒を筆代わりに「目」「鼻」「図柄」などの装飾を施します。

「あれ・・・どこに何を描くんかいねぇ」

「梅の花から描きましょうか」 

「次は顔やね?え~と、鼻から描こうか…」

「そうそう、良い感じに描けてますよ」

ってな会話が聞こえてきそうですが、実際はかなり真剣に取り組んでおられました。

仕上がりが楽しみですね。

作品の一部ではありますが、いかがでしょう!?

それぞれ個性的な「丑」の置物になりましたよ。

勇ましい「丑」、のんびりした「丑」、凛とした「丑」、愛嬌のある「丑」、安定感のある「丑」・・・等々

同じ「見本」を見ての創作ですが、感受性や観察の仕方が異なっていたり、表現力や手先の器用さに個人差があります。

その結果、このように楽しくバラエティーに富んだ「丑」達が出来上がりました。

ところで、干支って何?

我々が一般的に思っている干支は「子、丑、寅、卯、辰、巳、未、申、酉、戌、亥」ではないでしょうか。これは正しくは「十二支(じゅうにし)」だそうです。

本来「干支(えと/かんし)」とは「干」「支」の別の言葉がくっついた言葉であり、正しくは「十干十二支(じっかんじゅうにし)」と呼ばれ、「10ある十干」と「12ある十二支」とを組み合わせた60を周期とする数詞の一つだとか・・・

では、十干とは?

古代中国で考えられた思想から作られたもので、10種類の要素から成り立っており、さらに陰陽・五行説などと深く結びついており、元素単体が持つ意味だけでなく、その組み合わせにより意味が変わるとか・・・云々かんぬん、、、(う~ん難しいぞぉ!)

ならば、十二支とは?

古くから暦や方角などを表すために使われてきた12の漢字・・・(ややこしくなってきたよ~!!)

奥の深い話で、ちょとやそこら調べたり勉強しただけでは理解不能です。興味のある方は、この機会(ステイホーム時代)に勉強なさってはいかがでしょう?

何はともあれ、2021年は辛丑(かのと・うし)だそうで、

痛みを伴う衰退と新たな息吹が互いに増強し合う年となるであろう。

「辛」は、痛みを伴う幕引き

「丑」は、殻を破ろうとする命の息吹、そして希望

まぁ、それぞれが信じるところによると思いますが、このような年になるのでは・・・と言われています。

因みに、昨年の2020年は庚子(かのえ・ね)で、変化の多い年、大きな変化が生じる一年(心に影を落とすような変化があれば、物事が一気に進む劇的な変化もある。)だったようです。

ふむふむ、コロナ元年と言われ激動の一年だったのでは・・・!?

相変わらずコロナさんは猛威を奮っていますが、ソーシャルディスタンスを取りながらも、笑顔で乗り切りたいですね。