STAFF BLOG 2019年

H31.1.1 謹賀新年

新年明けましておめでとうございます!

今年も頑張って発信していきたいと思います!!

本年も「日親会 ラ・ファミーユ」をよろしくお願い致します!!!

H31.2.18 バレンタインデ―



2月は寒い!けれど、節分、バレンタインデー、椿祭り(いよ路に春をよぶと言われています)…etc.イベントはてんこ盛り!

アップした写真は、グループホームでのおやつ作りのひとコマ。

バレンタインに乗っかり、入居者の皆さんと一緒におやつ作りです。

さすが!昔取った杵柄、力強くシャカシャカ泡立てますよ。






どうです?この出来栄え!

材料はケチらず

「クーベルチュールチョコレート、バター、卵」などを、た~っぷり使った本格ガトーショコラ。

綺麗にひび割れも出来て、仕上げに粉糖でお化粧。

     



時間と手間をかけて焼いたケーキのお味はいかが?

本格・濃厚ケーキに舌鼓…フムフムお茶も進みますな~。

ねぇねぇ、次は何を作るかね?

R1.6.25 遅すぎた春の訪れ(4月・5月)

施設の庭先で飼っているメダカ水槽の様子。(撮影6月)

ん?あれれ、お腹が少~し”ぷっくり”してる?

以下、遅ればせながら「4月」「5月」のラ・ファミーユの様子をメダカ達と合わせてご紹介!!     



外出シーズン到来の4月。

デイサービスでは花見ドライブが目白押しです。

桜、藤、バラ・・・etc.

写真は「芝桜」の花見ドライブの様子。

下車して春の陽射しと空気を満喫です。



 5月は元号が令和となり、お祝いムード一杯。

そんな中、グループホーム入居者様は地元小学校の運動会(玉入れ)に参加しました。

「赤(大人)チーム」ご父兄の若いお父さん、お母さんに交じっての参戦。写真奥の「白(生徒)チーム」には負けられない。



結果は??見事!「赤(大人)チーム」の勝利です。

満面の笑みです。お疲れ様でした~。

七夕飾り

7月7日は七夕です。

ラ・ファミーユの各事業所でも笹飾りを作りました。        

私たちも願い事を飾りましたよと、入居者様の笑顔を頂きました。

ところで、織姫伝説ってご存知ですよね。年に一度、七夕の夜にしか会えない織姫と彦星の話です。

はっきりとは覚えてないのですが、こんな物語だったような!?ちょっとご紹介を

昔々の天界での話…

天の神様達の服を作る織女(織姫)は自分の身なりも構わず、それはそれは美しい機を織る娘でした。

天帝はそんな織女(織姫)を大変気に入っており、織女(織姫)の結婚相手に働き者の牽牛(彦星)を見つけました。

二人は共に気に入り結婚しましたが、生活を始めると困った事に遊び惚け、すっかり怠け者になりました。。

やがて、神様達の服は汚れてヨレヨレになり、牛は痩せ細り畑は荒れ放題に。

それを知った天帝は怒り、二人を天の川を挟んで西側と東側に引き離したそうです。

ところが、二人は悲しみのあまり益々働けなくなり、神様達の服はボロボロに破れ、牛は衰え病気になり畑は作物も育たないほど荒れ果ていきました。

この様子には天帝も困り、二人を哀れに思い「以前のように真面目に働くなら、年に一度だけ二人が会うのを許そう」と言いました。

その言葉に励まされ7月7日に会えるのを楽しみに、織女(織姫)は以前にも増して美しい機を織り、牽牛(彦星)も一生懸命に牛の世話と畑を耕すようになり、神様達は大変喜んだそうです。

7月7日に雨が降ると天の川の水かさが増し二人は川を渡ることができません…そんな時は、どこからともなく「カササギ」という鳥が飛んできて、羽を広げ重ね橋を架けて二人を会わせてくれるそうです。


諸説あるようで…地域や国で内容は色々様々だそうです。

短冊に願い事を書き笹飾りするのは、美しい機を織る織姫のスキルにあやかりたいという事らしい…。

癒しのハワイアン


少し前(毎度遅れ気味のアップ)になりますが、デイルームにてボランティアさんによるウクレレ演奏と歌謡ショーが開催されました。

デイサービスご利用者様と一緒に、グループホーム入居者様も楽しませて頂きました。

演目はハワイアンをはじめ、昔懐かしい歌謡曲・唱歌、そして楽しいトークあり!!

開場は手拍子や合唱、笑いで盛り上がっていました。

ボランティアの男性、FMラジオのレギュラー(地方)番組でパーソナリティを務めていらっしゃるH氏。そして市議会議員でもあるのです。お忙しい時間を割いてのご訪問、誠に有り難うございました。

中学生の職場体験

先週、地元中学校の職場体験があり、男子5名・女子6名の生徒さん達が訪れました。

今回は、グループホームでの体験学習です。    

まず手始めに、車椅子体験です。車椅子に自ら座って、どのような感じか試してみます。

今度は介助したり、介助されたり…前進、方向転換、後退などをしてみます。

介助する側・される側、双方の不安や大変さを体感して頂きました。      

次にワンボックスカーへ、車椅子を乗車してみます。

ワンボックスカーには電動リフト機能があり、車椅子をリフトに乗せて固定させれば、上昇・下降はボタン一つで自動運転です。       

乗車手順、車椅子の固定、電動リフトの取り扱い、シートベルト着用…etc. 一通り説明を受けた後、実践体験です。

うぉ~っ…悲鳴に近い声が飛びます。

安全第一!業務部長の指導にも熱が入ります。 

更に、車椅子対応の軽乗用車への乗車も体験。

こちらは電動リフト機能がありませんので、車に装置されているスロープの出し方、車椅子の牽引ベルトの取り付け方、引き上げ方…などの説明後、またまた実践体験です。

始めは怖がっていたものの、若人達は感覚が鋭く、覚えも早く、力持ちで呑み込みが早い!

忘れないで欲しいのは、車椅子に座った時の視線の高さ、移動時の振動、速度などの不安感や恐怖感を。

そして最後は、高齢者様への接遇体験です。

微妙な年頃の生徒さん達…、初対面の高齢者と自然に握手をしている姿に ビックリです!

この光景を見ていると、ご家庭や地域社会で大切に伸びやかに育ってきたのかな?と、勝手な想像をしています。

限られた短い時間でしたが、入居者様方と職員は楽しい一時を過ごせたようです。

有り難うございました。そして、お疲れさまでした!